九州大学病院 臨床観察研究支援事業(COS3)では、臨床観察研究を実施する研究者を支援します。

お知らせ

「MID-NETを用いた医薬品等の安全対策のための医療情報データベースの
利用拡大・データ標準化の普及に関するシンポジウム」開催のお知らせ
                                                                                                     (2019.2.27 更新)

 

(※下記の平成30年度AMED研究 2課題合同公開シンポジウム)
・「医薬品等の安全対策のための医療情報データベースの利用拡大に向けた基盤整備に関する研究」(康東天 代表研究)
・「MID-NETを用いた医薬品等のベネフィット・リスク評価のためのデータ標準化の普及に関する研究」 (中島直樹 代表研究)

医療情報データベース基盤事業(MID-NET事業)では、厚生労働省、医薬品医療機器総合機構(PMDA)、10拠点の協力病院グループが協働し、医療情報を利活用する仕組みの構築・整備を進め、平成30年度にはMID-NETの本格稼働を開始しました。
本シンポジウムでは、MID-NET稼働状況、データ品質管理、医薬品等の安全対策、データ利活用拡大のためのDB連携等、成果報告と情報共有を行います。お誘いあわせのうえ、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

*********************************************************************************
●日 時:2019年3月15日(金) 13:30~17:00
●場 所:フクラシア東京ステーション5H 会議室(千代田区大手町朝日生命大手町ビル5F)
●プログラム(予定)
13:30~13:40 座長より挨拶
13:40~14:10 講演1. MID-NET 厚労省の立場から(仮)  厚生労働省 岩瀬怜
14:10~14:40 講演2. MID-NET PMDAの立場から(仮)  医薬品医療機器総合機構(PMDA)宇山佳明
14:50~15:20 講演3. データ品質管理と人材育成     九州大学病院 中島直樹
15:20~15:50 講演4. JLAC統一的管理とガバナンスセンター運用   九州大学病院 康東天
15:50~16:20 講演5. 他データベースとの連携       久留米大学 藤井進
16:20~17:00 質疑応答

■参加お申込み
メール本文に(1)所属、(2)お名前、(3)メールアドレス、(4)電話番号 を記載して、
MAIL: cos3-symp@med.kyushu-u.ac.jp までご送信願います。
当日のご参加も可能です。当日、直接会場にお越しください。
[お問い合わせ]九州大学病院メディカル・インフォメーションセンター 伊藤
MAIL: cos3-symp@med.kyushu-u.ac.jp
TEL: 092-642-5881
*********************************************************************************

 

第8回シンポジウムは終了いたしました。(2019.1.21.更新)

~第8回観察研究ノススメ~「九州大学における多様なデータサイエンス活動」は、おかげさまで終了いたしました。

ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

 

「第8回観察研究ノススメ」開催のお知らせ

九州大学病院では、平成27年度まで6年間続いた文部科学省概算要求特別経費による「広域ネットワーク型臨床研究推進事業」を引き継ぎ、良質な臨床観察研究を支援するために、平成28年4月にメディカル・インフォメーションセンター(MIC)が主体となり臨床観察研究支援活動(COS3)を開始いたしました。これまでに「観察研究ノススメ」と題したシンポジウムを7回開催いたしました。

第8回目となる今回は、九州大学における多様なデータサイエンス活動をテーマに、九州大学大学院システム情報科学研究院情報知能工学部門の内田誠一教授に「データを介したオープンサイエンスへ~ 九州大学におけるデータサイエンスの展開」についてご講演いただきます。

【内田教授の研究内容については、下記のURLからご覧ください】

http://human.ait.kyushu-u.ac.jp/~uchida/index.html

 ご多忙中のことと存じますが、是非ともこの機会に本シンポジウムにご参加下さいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 ※本シンポジウムは臨床研究資格更新のための講習会として位置付けられております。

1.日 時:2019年1月16日(水) 17:30~19:00

2.対象者:対象は学内外を問いません。どなたでも参加できます。

3.参加費:参加無料です。

4.場 所:       九州大学 病院キャンパス コラボステーションⅠ 視聴覚ホール
            「病院キャンパスマップ」㊴の2階です。
                      福岡市東区馬出3-1-1

                      九州大学病院 別府病院(中継予定)

5.プログラム

   1.開会挨拶 MICセンター長 中島 直樹               17:30~

   2.基調講演                  17:35~

         九州大学大学院システム情報科学研究院情報知能工学部門

         内田 誠一 教授

       「データを介したオープンサイエンスへ~ 九州大学におけるデータサイエンスの展開」

   3.質疑応答                  18:25~

   4.講 演                   18:30~

         MIC 助教 野原 康伸              

        「ヘルスケア領域におけるビッグデータ解析の事例」

   5.質疑応答                     18:50~

   6.閉会挨拶  MICセンター長 中島 直樹           18:55~

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

主 催: 九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター

 

 CRIN-Q(インターネットを通して臨床研究データを収集するシステム)のお知らせ

CRIN-Qの遠隔地バックアップシステムの構築が完了しました。(2018.10.30.更新)

現在、九州大学病院メディカルインフォメーションセンターのCRIN-Qサーバー内に保存されている数世代のデータを専用ネットーワークを介して、九州大学病院別府病院内にバックアップする仕組みとなっております。

より安全にデータを保存した上で、各プロジェクトの研究を支援させていただきます。

第3回九州大学病院MIC・観察研究セミナーのご案内

第3回九州大学病院MIC・観察研究セミナーを、下記のとおり開催いたします。

第3回九州大学病院MIC・観察研究セミナー in 九州大学日本橋サテライト
【テーマ:進めよう!データ駆動型の医療イノベーション】
日時:2018年10月15日(月) 13:30~15:30(個別相談15:30~17:30)
場所:日本橋ライフサイエンスビル 9階 913会議室
東京都中央区日本橋本町2-3-11
http://www.nihonbashi-lifescience.jp/#anchor-sec-access
参加費:無料

本セミナーでは、ライフサイエンス領域における産学連携のさらなる活性化を目的に、九州大学の研究シーズをシリーズでご紹介いたします。
主な講演テーマ:
・リアルワールドデータのデータ品質:継続的な品質管理からPhenotyping
・リアルワールドデータの薬剤疫学:厳しい解析の易しい解説
・リアルワールドデータからの創薬:病院情報DBから始める創薬アイデア
参加申込、お問合せなど詳しくは⇒https://airimaq.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/index.php?code=87&cat=2

第7回シンポジウムは終了いたしました。多くの皆様のご参加に感謝申し上げます。

~第7回観察研究ノススメ~「医療分野最大のビッグデータ「NDB」の紹介と応用」

一般社団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構 満武 巨裕 先生による「エビデンスの飛躍的創出を可能とする超高速・超学際次世代NDBデータ研究基盤を活用した分析と課題」基調講演

第2回九州大学病院MIC・観察研究セミナーのご案内

第2回九州大学病院MIC・観察研究セミナーを、下記のとおり開催いたします。

第2回九州大学病院MIC・観察研究セミナー in 九州大学日本橋サテライト
【テーマ:始めよう!データ駆動型の医療イノベーション】
日時:2018年9月13日(木) 13:30~15:30(個別相談15:30~17:30)
場所:日本橋ライフサイエンスビル 9階 912会議室
東京都中央区日本橋本町2-3-11
http://www.nihonbashi-lifescience.jp/#anchor-sec-access
参加費:無料

本セミナーでは、ライフサイエンス領域における産学連携のさらなる活性化を目的に、九州大学の研究シーズをシリーズでご紹介いたします。
主な講演テーマ:
・リアルワールドデータのデータ品質:継続的な品質管理からPhenotyping
・リアルワールドデータの薬剤疫学:厳しい解析の易しい解説
・リアルワールドデータからの創薬:病院情報DBから始める創薬アイデア
参加申込、お問合せなど詳しくは⇒https://airimaq.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/index.php?code=87&cat=2

第1回九州大学病院MIC・観察研究セミナーのご案内

第1回九州大学病院MIC・観察研究セミナーを、下記のとおり開催いたします。

第1回九州大学病院MIC・観察研究セミナー in 九州大学日本橋サテライト
【テーマ:起こそう!データ駆動型の医療イノベーション】
日時:2018年8月1日(水) 13:00~15:00(個別相談15:00~17:00)
場所:日本橋ライフサイエンスビル 9階 912会議室
東京都中央区日本橋本町2-3-11
http://www.nihonbashi-lifescience.jp/#anchor-sec-access

本セミナーでは、ライフサイエンス領域における産学連携のさらなる活性化を目的に、九州大学の研究シーズをシリーズでご紹介いたします。
主な講演テーマ:
・リアルワールドデータのデータ品質の課題とその解決法
・市販後薬の副作用及び順作用に関する後ろ向きコホート研究
・創薬を導く病院情報データ解析
詳しくは⇒https://airimaq.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/index.php?code=83&cat=2

第6回シンポジウムは終了いたしました。多くの皆様のご参加に感謝申し上げます。

~観察研究ノススメ~第6回シンポジウム
大阪大学大学院 医学系研究科 情報統合医学講座 医学統計学教室教授
服部 聡先生 による「大阪大学の医学統計学への取り組みと観察研究における交絡因子調整~傾向スコア法を中心に~」基調講演

 

第5回シンポジウムは終了いたしました。多くの皆様のご参加に感謝申し上げます。


~観察研究ノススメ~第5回シンポジウム
九州大学大学院 医学研究院 衛生・公衆衛生学分野 教授
二宮 利治 先生 による「地域住民を対象とした認知症コホート研究」基調講演


 

日本臨床疫学会 第1回年次学術大会 PRブース出展終了

2017年9月30日(土)・10月1日(日)日本臨床疫学会 第1回年次学術大会のPRブースに出展してきました。http://www.pw-co.jp/jsce2017/

展示会場:東京大学内  医学部教育研究棟 13階 第6・7セミナー室

出展当日の様子

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。COS3に関するご質問・お問い合わせはいつでも受け付けています。
皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

支援のご相談はいつでも受け付けています。
お気軽にご相談ください。

Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.