九州大学病院 臨床観察研究支援事業(COS3)では、臨床観察研究を実施する研究者を支援します。

CRIN-Q

九州大学病院メディカル・インフォメーションセンターでは、インターネットを通して臨床研究データを収集するシステム

CRIN-QClinical Research Internet Network by Kyu[Q]shu University Hospital)を構築しました。

 💡 病院の壁を越えた多施設共同研究を支援します。
 💡 データの安全性を確保した上で一元管理できます。
 💡 各研究ニーズ対応したデータ収集画面を作成します。

安全なデータ入力と管理

インターネットでのデータ入力はデータ漏えいの危険性があり、データを保護する必要があります。CRIN-Qでは「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン
第4.3版   平成28年3月 厚生労働省」に沿ってセキュリティを確保しています。

CRIN-Q概要図

IPsec-VPN通信の概要

・ネットワークセキュリティ装置(UTM-1)を導入し、外部からIsec-VPN接続を可能とする ネットワーク環境を構築します。
UTM-1の内部認証局(CA)により、PKI認証用のデジタル証明書を発行します。
・発行した証明書をクライアントにインストールするVPNソフトへ登録します。
VPNクライアントからのUTM-1への接続時にPKIによるクライアント及びユーザ認証をおこないます。
・認証後、Isec-VPNIKE)による暗号化データ通信をおこないます。

質の高いデータ入力支援のための入力画面設定

データ入出力の利便性

・入力について
💡 症例ごとに入力が可能です。
💡 CSVファイルで一括入力も可能です。

・出力について
💡 CSVファイルによるデータ一括出力が可能です。
💡 自施設データの出力、利用が可能です。

リマインド・督促システムメール機能

予定されたフォローアップ予定日に合わせてシステムメールを自動送信します。

 🙄 リマインドメール    
フォローアップ予定日前に対象患者を告知します。 
 🙁 督促メール
フォローアップ予定日以降にデータ入力が無い症例を告知します。


💡  確実なフォローアップとデータ入力遅延防止を支援します。

データ登録・変更履歴の記録、保存機能 

データ改変、改竄、捏造等、臨床研究におけるデータの信頼性、証拠性に関わる重要事項です!

・各変数をデータ登録時から変更時に至るまで全てのデータ履歴をログとして記録、 保存できます。
・全データ項目の入力履歴追跡が可能です。

 

 

支援のご相談はいつでも受け付けています。
お気軽にご相談ください。

Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.