九州大学病院 臨床観察研究支援事業(COS3)では、臨床観察研究を実施する研究者を支援します。

九州大学病院は良質な臨床観察研究を支援するため、メディカル・インフォメーションセンターを担当とする「臨床観察研究支援事業(Clinical Observational Study Support System, COS3)」を開始いたしました。

臨床観察研究支援事業

= Clinical Observational Study Support System
= C O S S S
=  COS3

COS3ではインターネットを介して各拠点から症例を登録する「Web入力型臨床データ収集システム(CRIN-Q)」を構築し、利用者の研究デザインに合わせたオリジナルの症例登録システムを作成します。これにより利用者はWebデザインなどのITの専門知識を必要とせず症例登録ができます。また、自施設でサーバーの設定や管理をする必要もないためシステム構築にかかる費用を安く抑えることができます。

支援のご相談はいつでも受け付けています。
お気軽にご相談ください。

COS3による臨床観察研究支援は以下の三本立てで、良質な観察研究を支援します。

 💡 人的支援(研究デザイン、データマネジメント、解析支援)   

 💡 Web入力型臨床データ収集システム構築支援(CRIN-Q

 💡 教育活動(シンポジウム開催など) 

地域医療機関が抱える膨大な臨床データを収集・一元管理しデータベース化。
大学病院とのデータ共有による臨床研究を通じて地域医療へ貢献します。

本事業は、地域医療機関が抱える膨大な診療データを臨床研究に活用するため、参画する関連病院の臨床データを効率よく、かつセキュアに収集しデータベース化することを目的としています。これにより、大規模コホート研究の推進や、各種疾患の治療における新たなアプローチ法を確立するとともに、臨床研究への参加を通した地域医療機関の医師の活力を引き起こし、地域医療全体の活性化とレベルアップをおこないます。

Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.